廃車にしてもそれなりに値段がつく

持っていた車を処分しようと思った時のことです。
趣味で買ったスポーツカーがあったんですが、結婚してからは乗る機会も減り、ちょい乗り程度でも毎年の税金、車検代、車の保険代、こういうのが結構な金額になるので妻から処分してくれといわれました。
車は独身時代から2台もちしてたんですが、経済的な負担もでかい、今は自分ひとりじゃないしと処分することにしました。
売りたいとは思いましたが、何しろ年式が古く約15年落ち、走行距離も12万km近く走ってる車です。
処分するにはどうしようかと思ってると、ガソリンスタンドで不用車買取一万円、、軽自動車5千円とあったんです。
私の処分したい車は普通自動車だったので一万円、廃車代にお金がかかることを思ったらマシかと思ったんですが、ガソリンスタンドがお金を出すということは、他にも廃車買取サービスをしてる業者があるんじゃないか?と思いネット検索をしてみました。
すると、これが結構あるんですよね。

私の住んでるところは都会じゃなく、人口50万人ぐらいの地方都市なんですが、それでも結構な数の廃車買取業者がありました。
全国チェーン系の大手から地元業者って感じで、パっと検索しただけで結構な数でした。
その中で一番HPがしっかりしたつくりしてて廃車の流れなどわかりやすく書いていた全国対応の業者にお願いしました。
車の引渡しは、自分でもっていくのと、引き取りにきてくれるのを選べるんですが、どこの業者も大体無料対応でした。

受け渡しの時に廃車に必要な書類とか渡しました。もちろん都合がつかなくて立会いできない、そういうのもOKでしたが、一応日程を合わせて立会いをして引き取ってもらいました。
その後連絡が来て買取査定額の報告があったんですが、車の税金とかもバックされるのと、車のパーツで買取できるのがあったので5万2千円つきました。
廃車手続きとかは全部お任せしたので、その分の諸経費を差し引いた金額が翌日には振り込まれていました。

もともと廃車にするのにいくらかかるかな?ガソリンスタンドだと一万円か!と思ったりしましたが、きちんと廃車について調べて正解でした。